ケノンで脱毛は埋もれ毛になりやすい??

MENU

ケノンで脱毛すると埋もれ毛になるって本当??

脱毛する際に気になるのが、
脱毛後のお肌の状態ですよね?

 

肌荒れや傷、埋もれ毛など、
肌トラブルが気になるところです。

 

ケノンで脱毛すると、
埋もれ毛になってしまうのでしょうか?

 

結論から言うと、
ケノン以外の脱毛器やカミソリ、

 

毛抜きなどでも、
埋もれ毛ができてしまう可能性はあります

 

つまり、脱毛するという行為そのものに、
埋もれ毛ができるリスクが
あるということです。

 

そもそも、埋もれ毛とは、
どうのような状態なのでしょう。

 

埋もれ毛とは、
毛根に毛が埋没した状態で、
成長してしまった毛のことです。

 

毛穴からまっすぐ伸びていないため、
皮膚の中で成長してしまうのです。

 

埋もれ毛は、
痛みや痒みなどを伴う訳ではなく、

 

病気に発展する訳でもないので、
そのままにしておいても問題はありません

 

見た目の点で、
盛り上がって見えてしまったり、
毛が太く見えたりします。

 

では、どうして埋もれ毛は
できてしまうのでしょうか?

 

それは、脱毛する際のお肌の状態に、
大きな関係があります。

 

古い角質や傷などで、
毛穴が塞がってしまった状態で脱毛すると

 

毛根から生えた毛は外にまっすぐ
生えてこれず、埋もれ毛に
なってしまうのです。

 

埋もれ毛は、毛の成長が止まり、
新しく生え変われば自然に治ります。

 

個人差はありますが、
遅くとも1ヵ月程で生え変わります。

 

スクラブなどの角質除去を促す
スキンケアなどで、

 

ターンオーバーを促進しながら、
自然に生え変わるのを待つのが一番です。

 

見た目がどうしても気になる場合は、
毛穴から毛を取り出した状態で、肌を
傷つけないように剃るのがいいでしょう。

 

毛自体を抜いてしまうと、
埋もれ毛が再発する可能性が
高くなってしまいます。

 

処理をする場合も、
肌を清潔にした状態で行うことや、

 

傷をつけないように気をつけることが
大切です。

 

予防法としては、
脱毛の前後にケアを行うことで、
埋もれ毛ができにくくなります。

 

角質を取り除くクリームや、
お肌を整えるローションなどで
保湿するとよいでしょう。

 

肌を乾燥させないことと、
角質を除去した状態で脱毛することで、
埋もれ毛を防ぐことができます。

 

脱毛は、肌にとって負担がかかります。

 

デリケートな部分は特に、
皮膚も薄く、傷つきやすいのです。

 

つるつるのお肌を手に入れるためにも、
肌のターンオーバーを促し、保湿などの
ケアを怠らないようにしましょう。

 

特に脱毛した後は、お肌が荒れやすく、
敏感な状態のため、アフターケアを
しっかりと行ってくださいね。