ケノンはお腹の毛も脱毛できる?

MENU

ケノンでお腹の毛も脱毛できるの?

特に夏場になると
おへそが出る可愛いお洋服や
水着を着る機会が増えますよね。

 

しかし楽しみが増える一方で
悩みの1つとなるのが、
お腹やおへそ周りのムダ毛達です…。

 

特におへそ周りに濃い毛が生えてくる…

 

なんて方も少なからず
いらっしゃるのではないかと思います。

 

そこで出てくる疑問が、
ケノンってお腹やおへそ周りも
使用できるかってことですよね。

 

 

結論から申し上げますと、
ケノンでのお腹への照射は可能です。

 

ケノンは一部分を除いて
ほとんどの部位に照射することができます

 

さらには美顔器としても使用できるので
自信をもっておススメしたい商品なんです

 

 

 

照射方法と照射時の注意点は?

 

照射方法に関しては
以下の通りで他の部位と比べても
大きな違いはありません。

 

@シェービングを行う。
A脱毛部位は清潔に!

 

Bクーリングは徹底して行う。
C照射レベルを設定

 

D照射する
E照射後に濡れタオルで軽くふき取る

 

Fもう一度クーリングを!
G保湿ケアを行う

 

こうして見ると照射方法に
大きな違いはないことが分かると思います

 

ですがお腹は普段洋服などで隠れている
部分なので手や脚と比べると
皮膚は柔らかく敏感な部分になります。

 

ですので他の部位よりもより一層
やけどや肌荒れには注意してあげる
必要があるんです。

 

 

ということで
もうご存じの方も多いかと思いますが
照射時の注意点についても
ご紹介しておきますね。

 

@照射レベルは1から始めること!

 

先ほどもお話ししたように肌の弱い部分に
なるので低いレベルから開始し徐々に
レベルを上げていくようにしてください。

 

いきなり強いレベルで照射をすると
肌へのダメージも大きく火傷の原因にも
なってしまいますので注意が必要です。

 

A除毛時、毛を抜くのはNG!

 

フラッシュ脱毛は黒いものに反応して
照射を行います。

 

完全に毛を抜いてしまうと効果が出ない
ので注意しましょう。

 

逆に剃らずに照射を行うと皮膚表面にも
反応してしまい火傷の原因になるので
シェービングを行ってください。

 

B清潔を保つことを心掛けて!

 

照射後は肌にダメージが加わっている
状態です。目には見えない傷などなどから
細菌感染を起こすリスクをあるので、

 

念には念をいれて
清潔に保つよう心がけておきましょう。

 

 

 

冒頭でもお話した通りお腹は肌の
柔らかい部分です。

 

他の部位の照射時でも方法は同じですが
肌のダメージを抑えるためにも
慎重且つ丁寧な照射をお願いしますね。