ケノンでおでこを広げることできるのか?

MENU

ケノンでおでこは広げられるのか?

ケノンについて調べを進めていくと
一つ気になるものを見つけました。

 

 

それはおでこが狭くて悩んでいる
という方からの質問で

 

「おでこを広くすることもできるのか?」

 

というものでした。

 

 

おでこを広くする…
ということは髪の毛を脱毛したいと
いうことですよね。

 

ここでご紹介させて頂きます

 

 

ケノンでおでこは広げられる?!

 

結論から言うと髪の毛の脱毛は
止めておいた方がいいです。

 

恐らく髪の毛の脱毛は脱毛サロンでも
施術してくれるところは少ないと思います

 

やってくれるところも稀にあるようですが
基本的に二度と生えてこなくなるという
覚悟を持ってやる必要がありますよね…。

 

 

私の場合どちらかというと、
おでこが広くて悩んでいる方なので

 

一時的に脱毛できるならまだしも、
永久にと考えるとおススメできません。

 

 

ケノンで脱毛が行える範囲とは?

 

ではケノンで脱毛ができる範囲って
具体的にはどこまでなのでしょうか。

 

体の脱毛は基本的に
全身にできると言われていますよね。

 

もちろん顔脱毛もできますが、
ケノンはフラッシュ式の脱毛器なので
目への影響が少なからず出てきます。

 

照射時には光が出ますので他の部位を
照射する時にもサングラスをかけて
照射をすることになっています。

 

ですので目へ近い部分の照射は
基本NGということです。

 

結果、ケノンが顔脱毛で推奨してるのは
口周りの脱毛のみです。

 

 

ですが実際に使用されている方のなかには
おでこの産毛や頬にも使用されている方は
多くいらっしゃるようです。

 

脱毛ができないという訳ではありませんが
安全面を考えるとおススメはできません。

 

ですので使う場合は自己責任で…
ということになります。

 

 

ケノンの基本的な使い方

 

基本的な使い方は他の部位の照射時と
大きな変わりはありません。

 

ですが先ほどもお話した通り
顔は目に近い部分でもありますし、

 

お肌も比較的敏感な部分なので
他の部位より慎重に行っていきましょう。

 

<使い方の手順>

 

手順としては、

 

@メイクを落とす
Aしっかりクーリングをする

 

B照射レベルの選択
C照射

 

Dもう一度クーリングを!
Eアフターケア(保湿ケア)

 

ということになります。

 

<6つの注意点>

 

注意点は6つ!!

 

@必ずサングラスの着用をすること
A照射レベルは1から照射していく

 

B照射後のクーリングは徹底して行う
C必ず保湿ケアを行う。

 

D生理前の照射は避ける
E照射間隔を2週間以上開ける。

 

自分のお肌や目を守るためにも
この6つの注意点は必ず守って
照射をしてくださいね。

 

 

おでこを広くみせる3つのポイント!

 

おでこの脱毛はおススメできませんが、
おでこを広く、そして綺麗に見せる方法は
あるのでご紹介しておきますね。

 

@おでこの産毛は処理する
Aニキビケアをしっかしと!
B髪型の工夫をする

 

この3つを行うだけでも印象が
大きく変わってきます。

 

 

まず産毛を処理するだけでも
肌が明るく見えおでこを広く
見せることができます。

 

さらに産毛を処理することで、
ニキビなども出来にくくなり
綺麗なおでこを作ることができるんです。

 

ニキビと言えば
若いうちは特に新陳代謝が活発なので

 

皮脂が多いおでこは肌荒れしやすく
ニキビも出来やすい場所です。

 

おでこを綺麗に保てれば思いきり
おでこを出した髪型も
自信を持って出来るようになりますよね。

 

ケノンは美顔器としても優秀な商品なので
ぜひ利用してみてくださいね。

 

あとは前髪で隠すのではなく見せた方が
広く見えると言われています。

 

アップに抵抗があるという方は
7:3で流すのもおススメです。

 

 

前髪で隠したりごまかしたりせず、
堂々とありのままの自分で
生活できたら素敵ですよね。

 

ぜひケノンの力を借りて
綺麗なおでこを手に入れてくださいね。