ケノンで肌荒れしないための使用方法を紹介します

MENU

ケノンで肌荒れはあるのか?そうならないための使用方法とは

家庭で簡単に脱毛することができる
”ケノン”

 

 

自分で脱毛することができれば、

 

費用を抑えられて
時間も短縮できる。
他人に体を見られる羞恥心もありません!

 

本当にできたら夢みたいなのに…
と1度は考えたことがありませんか?

 

そんな女性の願いを叶えてくれるのが
脱毛器売り上げNO.1の
”ケノン”です。

 

 

しかし脱毛器は
決して安価なものではありません。

 

どうせ買うなら
自分にあった良いものを購入したい!
そう思うのは当然のことです。

 

 

購入を検討されている方の中には、
皮膚への負担や肌荒れのリスクを
心配される方を多くいらっしゃいます。

 

プロでもなければ
お肌に対する知識も少ない…

 

自分で照射することによって
お肌へ負担をかけてしまうのではないかと
躊躇してしまいますよね。

 

 

確かに無理な照射をしたり
正しい使用方法を理解していないと、
肌荒れを起こすリスクはあります。

 

しかし、使用方法を守ることで
そのリスクを軽減させることができます!

 

 

では肌荒れのリスクを軽減し
安心して照射するには、
何に注意すればいいのでしょうか。

 

守るべき4つの施術方法をご紹介します。

 

 

@照射前に毛を綺麗に剃りすぎないこと

 

 フラッシュ脱毛は
 黒いものに反応して照射されます。

 

 そのため1oほどの長さを残した方が、
 効率的に脱毛効果が得られるんです。

 

 さらに綺麗に除毛しすぎてしまうと
 肌へ直接刺激が与えられ、
 肌荒れの原因となってしまいます。

 

 そのため、毛は抜かずに
 毛の黒い部分が残るように
 剃ることをおススメします。

 

 

Aクーリングは徹底すべし!

 

 お肌を冷やすことによって、
 刺激を和らげ、痛みの軽減や
 照射後の赤み・炎症の予防になります。

 

 トラブルを回避するためにも
 照射前後で必ずクーリングをしましょう

 

 

B照射レベルは低いところから試して!

 

 照射レベルは10段階で調整可能です。
 【▲/▼】ボタンで照射レベルを
 調整することができます。

 

 少しでも高い効果を得たいからと
 高いレベルで照射したい気持ちも
 理解できます。

 

 しかしお肌の色や状態は
 1人ひとり違います。

 

 

 肌荒れを防止するには低いレベルから
 照射をスタートし皮膚への負担を
 軽減してあげましょう。

 

 特に毛の濃い部分は、
 皮膚への刺激が強いので低いレベルから
 照射していくことをおススメします。

 

 

 またその日の体調によって
 皮膚の状態は日々変化しています。

 

 肌に痛みや違和感を感じたら、
 すぐに照射レベルをさげて
 使用してくださいね。

 

 

C適切な使用頻度を守ろう!

 

 毛には生え変わる周期があります。
 今生えている毛の他にも
 休止期の毛が眠っているんです。

 

 一度処理した体毛は、
 一定の時間が経たなければ
 脱毛に適した状態になりません。

 

 そう考えると同時期に照射しても
 お肌へ刺激を与えるだけで、
 効果が得られないのはわかりますよね。

 

 

 毛の周期を考えると
 同じ部位への照射は約2週間の感覚を
 あけて照射するようにしてください。

 

 

 

 

以上の4つのポイントに注意すれば、
お肌へのトラブルのリスクを
ぐっと軽減させることができます。

 

 

想像していたより簡単そうで
自分でもできるような気がしてきますよね。

 

お肌へのトラブルの不安から
購入を躊躇していた方も
この機会に検討してみてくださいね。